漢・村田修一 読売巨人から戦力外通告され自由契約となる 鹿取GM『君ならまだやれる』

村田

読売ジャイアンツに所属している村田修一選手が戦力外通告されたことがわかりました。

村田選手と言えば何度もホームランを売っている名選手ですよね。

では一体なぜそんな選手が❝クビ❞になってしまったのでしょう。

今までの成績も一緒に振り返って見てみましょう!

村田修一 クビになる

読売ジャイアンツは13日、村田修一選手(36)を自由契約にすると発表し

ました。今後は他球団でのプレーを目指し現役を続行していくことでしょう。

戦力外通告を言い渡した鹿取GMからは「まだ十分な戦力となる選手ですが

チームの若返りを図るために苦渋の決断をしました。

FAでは補償が発生するし、自由契約の方が選択肢が広がる。

これだけの貢献をしてくれた選手に、せめてもの誠意です」と説明しました。

村田からは「はっきり言ってくださってありがとうございます」と頭を下げたとの事。

つまり、単純な『打てない、守れない』とかではくて。これからの巨人の戦い方として

若手を使っていきたいということですね。

だけど今の村田選手以上に使える選手ってほとんどいませんよ(笑)

今季の村田選手は118試合に出場して打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。

そして守備も上手い。

というか巨人のなかでもTOP3にはいりますね。そんな選手をクビにしてもいいのでしょうか?

おそらくですが巨人としては36という年齢、そして年俸2億2000万円という年俸

がネックになっていることでしょう。

いつガクっと成績が落ちてもおかしくない年齢ですし、この成績でいうとかなりの高給取り

でもありますからね‥‥

ただ同じ巨人の阿部選手もほとんど同じ成績なんですよね‥

打率2割6分2厘の本塁打15本と、かなり似てますよね(笑)

ただやっぱりジャイアンツは生え抜きには弱いというか、なんというか、待遇がちがいますよね‥‥

成績

それでは村田選手の2003年の横浜入団時からの成績を見てみましょう!









O
P
S
2003 横浜 104 74 11 0 25 56 3 .224 .485 .788
2004 116 79 17 0 15 38 2 .242 .433 .758
2005 136 120 32 2 24 82 1 .252 .478 .804
2006 145 145 30 3 34 114 1 .266 .519 .844
2007 144 151 30 1 36 101 1 .287 .553 .929
2008 132 158 25 2 46 114 0 .323 .665 1.062
2009 93 94 16 1 25 69 0 .274 .545 .870
2010 144 145 30 0 26 88 0 .257 .448 .762
2011 144 134 28 1 20 70 0 .253 .423 .744
2012 巨人 144 130 27 0 12 58 1 .252 .374 .690
2013 144 164 26 0 25 87 1 .316 .511 .896
2014 143 133 17 0 21 68 2 .256 .410 .732
2015 103 78 9 0 12 39 1 .236 .373 .683
2016 143 160 32 0 25 81 1 .302 .505 .859
NPB:14年 1835 1765 320 10 346 1065 14 .270 .482 .834

すごいですね!!

ルーキー時代の2003年からずっと二桁のホームランを継続中ですよ!

2007年2008年と連続でホームラン王のタイトルを獲得しておりますね。

ネットの反応

ここで村田選手が戦力外になったときのネットの反応を見てみましょう!

いや、驚きの声がおおいですね。

今の巨人でここまでの成績を残す選手はいないですからね。

まとめ

ただ村田選手にはどこか拾う球団は確実にあるでしょう(年俸を下げれば‥)

三塁手でこの長打力のある選手は大体の球団も人材不足ですから。

まだまだ村田選手には活躍してもらいたいものですね!

シェアする

フォローする